トゥク トゥク トゥク!

すっかり梅雨空の毎日ですね。

5月に真夏日を迎えたと思ったら、冷んやりする日が続いたりして、

気温の変化になかなか体が追いつかない今日この頃。

体調を崩さないように気をつけたいと思います。

 

 

素敵な絵本との出会いがありましたので、そのことを書きたいと思います。

その絵本とは、ショーン・タンの「セミ」です。翻訳は岸本佐知子さん。

トゥク、トゥク、トゥク、というのはセミの鳴声。

ショーン・タンの絵も大変素晴らしいのはもちろん、ストーリーが逸品。

切なさ哀しさ、人間の業、などにザワザワしながら読み進めていくと、ラストでドクン、となります。

感想が擬音ばかりですが、心に湧く音を言語化するのは難しい…

 

もともと岸本さんのエッセイの大ファンでしたので、

5月に「セミ」の出版を記念して行われた岸本さんのトークイベントがあり、参加して参りました。

翻訳にまつわる貴重なお話をしてくださった中で印象深かったのは、

セミの話す人間の言葉が片言なのですが、原文は冠詞がないのだそうです。

アメリカに住む中国系の人々が話す英語に冠詞がないのだそうで、

翻訳は接続詞をなくすことで、原文のニュアンスを表現されてるんだなあ〜、と。

翻訳って奥が深い…

 

10年以上前に、とあるイラストスクールに通っていたのですが、

授業で「岸本さんのエッセイに挿絵を描く」という課題がありました。

何点かが選ばれ、原画のコピーを岸本さんにお渡しいただけることになり、

私の絵もその中の1点に選ばれました。

ある日、岸本さんのtwitterを見ていたら、なんとタイムラインに私の絵が!

岸本さんが気に入って下さって、ずっと飾っておられるとのこと。

すっかり舞い上がった私は原画を額装して、出版社を通して岸本さんへお送りしたのです。

すると、数日もしないうちに岸本さんからお礼の手紙が届き、なんとサイン本が同封されていました。

その本は、私が手紙で「拝読してみたい岸本さんの翻訳本」として挙げた作品の一つでした。

もう、驚きと嬉しさで、

「ピャ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!」

と謎の叫び声が出ました。

人生に、こんな嬉しい出来事があるなんて。

 

『人生の折り返し地点』を迎えた年齢でも、このような宝物と思えるような経験ができるならば、

この先の人生も捨てたものではないなあ、と思いました。

 

この出来事を文章に残しておきたくて、

年末年始と秋にしか更新していなかったブログを、めずらしく更新しているわけなのです。

 

 

そしてそして、掲載のご報告と展示のお知らせがございます。

ホルベイン×ザ・チョイス「クロッキーメモの表紙を描く」川名潤さん選で、最終選考に残していただきました。

既に発売されていますが、イラストレーション222号87Pに掲載されております。

イラストレーション誌に掲載されたのは初めてで、じんわり嬉しさを噛み締めています。

 

 

 

以前、9月に個展を開催する旨をお伝えしましたが、

その前に、OPA galleryさんの企画グループ展「女を描く vol.11」に参加いたします。

5名のイラストレーターが、「女」をテーマとして幼少期〜老年期までの女性を5世代に分けて描いた作品を展示いたします。

現在、制作の真っ只中で、足をお運び下さる方々に楽しんでいただけるよう、一生懸命描いています。

会期は7月26日(金)〜31日(水) 11時〜19時、最終日のみ17時までですので、お気をつけ下さい。

初日は18時からオープニングパーティもあります。

開催近くになりましたら、サイトの方でもお知らせいたしますね。

 

 

 

企画展が終わったら、個展の準備で盛夏を迎えそうです。

ほとんど家から出ない予定… セミの声を聴きながら、頑張ります。

トゥク トゥク トゥク。

 


                 
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

others

mobile

qrcode