夏の終わり、秋の始まり。

とんでもなく、久しぶりの更新です。

だんだんと年2回のペースになりつつありますが、

数年ぶりの更新…なんてことにならないようにしたいと思っています。

 

年末の記事に風邪をひいたと書いてあるのですが、

その後に大悪化して熱に苦しんだ年明けとなりました。

そんな絶不調の中、前年からかかりっきりだったオーダー制作が春前にやっと完成し、

納品した後はポートフォリオを大量生産して、10数年ぶりに営業に勤しんでおりました。

オリジナル作品やコンペ用の作品、文芸誌のお仕事等もろもろ、

なんだかんだとひたすら手を動かしていて、気がついたら栗の季節になっていました。

 

ひとつの大きな変化は、4年間お世話になったF-SCHOOLを8月で卒業したこと。

F-SCHOOLには「卒業」という概念がないので、「休学」になるのだと思います。

もっと新しい方向性の仕事を広げたい…という思いから

イラスト科の講師として教える側から、教わる側へと立場を変えて

ひたすら描くことに没頭した幸せな日々でした。

いつのまにか大学を卒業するのと同じ年数になっていて、

なんだか節目のような気がしたので、心を決めました。

助走はたっぷりしたので、靴ひもをしっかり結び、すっ転ばないように、

少し勢いをつけて走ってみようと思います。

 

新しい気持ちで迎えた秋は、ほんの少し環境を変えてみました。

まだまだ学ぶことが多いなあ、と日々精進中です。

 

 

 

年明けからずっと駆け足できたので、ちょっとした休息を。

すこし涼しくなった先週末に、豊田市美術館までロングドライブしてきました。

お目当ては「奈良美智 for better or worse」。

会期終了間近だったこともあり、たくさんの人で賑わっていました。

 

良いときも、悪いときも。

どんな運命になろうとも、ずっと。

 

私もそんな思いのもとに、描き続けられたらいいなと思います。

展覧会カタログは予約販売で、後日送られてくるそう。

とっても楽しみです。

 

展示を観た後は浜松へと移動して、とても美味しい鰻を食べて1泊。

翌日はずっと行ってみたかった、クレマチスの丘へ。

噂に違わず、ほんと〜〜〜〜〜に素敵なところでした。

広い広い敷地にはキレイに手入れされた芝が敷いてあり、

訪れた人々がのんびりと寝転がったり、実にのどかな光景が。

 

 

ごろん。

私は土や草が苦手で、芝生や地面に直に座ることも躊躇するタイプの人間ですが、

突っ伏してみました。

行き倒れた人のようですが、気分はワイエスの「クリスティーナの世界」です。

柔らかくて気持ちのよい芝でした。

自然に触れるのも、たまにはいいものですね。

 

 

久しぶりの投稿がまったく絵と関係のないことばかりですが、

新しい作品もいくつかあり、近々サイトの方にアップしようと思っています。

これはアップしないかも、という絵をこちらにコッソリのせます。

 

 

ちょっとクラシカルなイメージで。

視線の先には何があるのかな。

 

 

私は9月生まれなので、この季節が大好きで、栗が大好きです。

秋は「栗活動」と称して、栗メニューを食べ歩くことが楽しみのひとつ。

第一弾はキャピトルホテルのORIGAMIで、念願のマロンランチをいただいてきました。

栗の季節は始まったばかり。

今年も果敢に栗活したいと思います。

 

 


                 
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

others

mobile

qrcode