「ポスターを描く vol.6」、終了。

終わってしまいました…
ここでお知らせするのをすっっっかり忘れていました…なんてこと…!!

ホームページでお知らせしていたギャラリーDAZZLEさんのプロジェクト、
「ポスターを描く vol.6」に参加しておりました。

dazzle

以前から参加してみたいと思っていた企画展でした。
力を蓄えて経験を積んでから参加してみたいと思っていたのですが
去年個展をやって気持ちに勢いがついていたのか、
えいっと参加させていただくことができました。

こちらの展示は各12人のデザイナーとイラストレーターがタッグを組み、
商用ではできない印刷技術や実験を重ねて、ポスターグラフィックに挑戦するというもの。
イラストレーターにとってのワークショップにもなっています。

私がペアを組ませていただいたのはsoda designのタキ加奈子さん。
「アルファベットに浮かび上がるストーリー」というテーマでAから順番に童話を描いていくことになり、
今回は「赤ずきん」を描きました。
タイトルは「Alphabet no ohanashi」です。

赤ずきん1

完成した全体サイズはB1。
原画は600×600に収まるAの展開図に描いていて、
完成したAのサイズとほぼ同じです。

こちら、立体になっていまして…
右から〜〜

赤ずきん3


左から〜〜

赤ずきん2


アップで、どーん。

赤ずきん4

みっちりねっちり描いています。


立体になることは最初の打ち合わせ段階で決まっており、
実際にタキさんがスチレンボードで実寸ダミーまで作って下さって
その寸法を元にIllustratorで展開図を作って下描きのガイドにしました。
モチーフの位置や見切れの部分など立体にした時のイメージはちゃんとあったのですが、
搬入日に初めて見た完成品は、もうその想像を遥かに遥かに超えたものでした。

す、すごい!!!!
自分の絵がすごいのでは無く、
完成を予想してデザインして下さったタキさんが、
各パーツが原画とのズレが一切無くジョイントされてる立体の「A」を作って下さった光伸プランニングさんが、
もう、本当にすごい!!!!

イラストレーターの私ひとりでは絶対に作り上げることのできない世界を
タキさんが実現して下さいました。
本当に本当にありがとうございました。

足をお運びいただいたみなさま、身に余る評価を下さったみなさま、
新しく知り合えましたみなさま、すべてに大変感謝をしております。

ポスター展をコーディネートして下さった黒瀬さん、
ご自身も参加されてお忙しい中、本当にありがとうございました。
ギャラリーDAZZLEのオーナーの村松真理子さん、
このような機会を下さったことを厚くお礼を申し上げます。

とても幸せな時間でした。


このアルファベットシリーズは今後も続く予定です。
発表する場が持てましたら、またお知らせいたします。

 

                 
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

others

mobile

qrcode