ボローニャと上野と、夏の終わり。

お盆が過ぎ、もう夏も終盤です。
とはいえ、まだまだ蒸し暑さが続いていますが
私の中ではもう夏は終わっています…
というのも、10月に参加する企画展の制作が始まっておりまして
気持ちはすっかり秋なのです。

お盆もラフ制作に勤しんでいたのですが、
家族が夏休みなので少しだけ出かけました。
ボローニャ国際絵本原画展と東京芸術大学大学美術館陳列館で行われていた
「うるしのかたち展」のふたつを同日に観覧。



ボローニャ国際絵本原画展はうちの近所の美術館で開催しているのですが
気付くといつも「終わってしまったー!」と行けずじまいだったのです。
今回はきちんと日程をチェックして終了日直前に駆け込みました。
もう本当に行って良かった。とっても良かった。
原画にはやはりパワーがあり、一枚のイラスト作品としても素晴らしかったです。
これが絵本になるとまた見え方が違って、絵本の世界は深いな〜。

上野に移動して東京芸術大学大学美術館陳列館へ。
こちらで開催されていた「うるしのかたち展」は
東京芸大漆芸研究室の研究成果展で、もうため息モノの美しい作品が
ズララ〜〜と並んでいました。
漆って黒くてつるっとしたイメージしか無かったのですが、
顔料と混ぜて塗料のように使うことも出来るんですね。
螺鈿と組み合わせた作品があまりにも繊細で感動。
螺鈿は、貝殻の内側の虹色に光ってる部分を切り出して
工芸品の装飾に使う手法のことだそうです。

素晴らしい展示を堪能し終わる頃にはあまりの猛暑でぐったり。
せっかく上野に来たのだからと、「みはし」のクリームあんみつで休憩。
弥生美術館の森本美由紀展も観に行く予定だったのですが
じっとりした暑さの中を20分近くも歩く気力が湧かず、断念しました。
弥生美術館から谷根千散策もしたかったな。涼しくなったらまた行こう…

はじめにちょろりと書いた企画展については
また別途お知らせをさせて下さい。
ずっと参加してみたかった展示なのでとても楽しみです!
 

                 
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

others

mobile

qrcode