個展「Assort」、終了いたしました。

すっかり秋めいて参りましたね〜。

時折夏日だったり、完全に秋がきたとは思えない日々ですが、

朝晩はだいぶ涼しく、過ごしやすくなりました。

昨夜からパジャマも半袖から長袖へと衣替えです。

 

なんと、ブログで個展のお知らせをせぬまま、終了のご報告になってしまいました…

「サイトの方でお知らせしますね」と書いたっきり、夏が過ぎてゆき、

ほとんど外出せずに制作に追われているうちに、あっという間に搬入日。

9月16日から2週間、バーラストチャンスの壁を飾らせていただきました。

今回はバーでの開催でしたので、営業が夜のみということもあり、

DMをお送りしてもご負担になるのでは…と、ごく少数の方だけにお送りさせていただきました。

思いも寄らず多くの方々にお越しいただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。

ほんの一部ですが、画像で個展ダイジェストを。

 

 

会期中は、入り口にこのような看板が出ていました。

黒板メニューの上方を、個展開催中の作家が個展タイトルを書き入れます。

 

 

ありがたいことに、初日にお花をいただきました…!

 

 

ギャラリーハウスマヤさんの装画コンペvol.18で入選をいただいた作品も展示。

懇親会では「ロボット」が好評でしたが、こちらの「白雪姫」も応募していました。

 

 

「My Favorite」

大好きなCLASKAの麦わら帽子。

実際のリボンの色は黒で、夏になると毎年被っているお気に入りです。

 

 

こちらの赤いシャンデリアの作品は、バーのお客様にお買い上げいただきました。

ありがとうございます!

 

 

展示は17点の予定でしたが、「足りなかったらどうしよう、壁を埋められなかったらどうしよう」と、

最終的に19点を搬入したら多過ぎてミッチミチに… 画像以外にもたくさん展示させていただきました。

 

 

展示タイトルの「Assort」は、今回は特にテーマを決めずに思いつくままに描いたものを集めたので、

「詰め合わせ」という意味を込めてつけました。

展示コンセプトは「ただそこにある絵」。

これまでみっちり描き込んで、ストーリーが見えるような絵を描いていたのですが、

今回はお酒を楽しむ場所に寄り添うような作品を並べたくて、

メッセージ性やエネルギーを発してないフラットな絵を描いたつもりなのですが、どうだったかな〜。

 

私のような立場で言うのもおこがましいのですが、イラストはエンターテイメントだと思っていて、

展示する場所や空間に合わせて展示コンセプトを考え、与えていただいた場所に似合う作品を制作する、

というのもプロ意識のひとつなんじゃないかと思います。

もちろん、「こういう絵が描きたい、この絵で仕事がしたい」と、どの場所でも個性を発揮できる強さは魅力でもあるし、

制作スタンスは、イラストレーターそれぞれ違うと思います。

ただ、私にはそういう作品力とか、引っ張るような強さはない気がするのですよね…

これからも、心地よい物を提供する、そんな気持ちで描いていきたいです。

 

今回の個展では、本当にたくさんの方々に助けていただきました。

ご縁を下さったバーラストチャンスのマスターには、心よりお礼を申し上げます。

関わってくださった皆様、心を寄せてくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

個展の度に、毎回大切な気付きがあります。

それが描き続ける原動力となっています。

これからも、多くの方々にご覧いただけるように、日々精進して参ります。

また発表の場が持てましたら、お知らせをさせて下さい。

 

 


4月になりました、感謝を込めて。

夜はまだまだ冷えますが、すっかり春でございますね。
花散らしの雨で桜もだいぶ散ってしまい、
今年は一番きれいな見頃を見逃してしまって残念です。

個展が終わってヌケガラとなり、いろいろ始動しなくてはならないのに
薄ぼんやりと過ごしてしまいました。
アウトプットの後はインプット。
何本か気になっていた映画を観に行ったり、
好きな作家さんや大学時代の友人の展示を観に行ったり。

ジュエリーデザイナーである友人の展示で素敵なネックレスを見つけ
頑張っている彼女のパワーをお裾分けしてもらいたくて、えいっと購入。
「展示後のお渡し」ということで先日届き、上機嫌です。
早く着けてお出かけしたいなぁ。

実のところ、お出かけなどと悠長なことを言ってるヒマはなく
いろいろな〆切りに追われていて、やらねばならないことがテンコモリです。

そんな中、せっせと個展のお礼状を作っていました。
そろそろお手元に届いた頃でしょうか。



絵柄はこちら。双子のゾーイ(左)とマチルダ(右)です。
ポストカードにしていない作品にしようと思い、
会場の正面でお出迎えしていた双子にしてみました。

この作品は、過去に違うタッチでこのブログにアップしているのですが
違う表現でもう一度描きたいと思い、ほぼ同じ構図でディティールを少し変えて
描き直したものなのです。

この双子、ご縁があってポストカードになり販売されることになりました。
販売するポストカードではゾーイとマチルダがひとりずつ、になります。
過去にアップした絵柄のバージョンも同時に販売されるので
お店の棚にゾーイとマチルダがズラッと並ぶことに…なんだか怖いような…
大田区にある絵本屋さんのみでのお取り扱いになります。
とっても素敵なお店です。
詳細はまた後日、あらためてお知らせをさせて下さい。


お礼状の宛名を、頂いたご感想を思い返しながら書くのは楽しい作業でした。
なんだかずっと、ぽやんとした夢心地でしたが
お礼状を出したらシャキッとしなくてはいけません。
新しいことが始まりそうです。
新作もモリモリ描いていきます。

夢のおわり、これから。



3月6日からはじまった個展が、11日に無事に最終日を迎えました。
誰も来てくれなかったらどうしよう、なんて不安と期待が入り交じった初日。
会期中にヒマな時間に読もうと用意した文庫本を1ページも開くことなく、
連日たくさんのお客さまにお越しいただきました!

忙しい合間を縫って駆けつけてくれた学生時代の友人達、
インハウスデザイナー時代の諸先輩方、
専門学校講師時代にお世話になった方々や歴代の卒業生達、
お世話になっておりますF-SCHOOLのみなさま、
バレエクラスでご一緒させていただているマダム達、
出版業界の方々、両親や親戚、仲良くさせていただいている多くの友人達、
ポスターを見てお立ち寄り下さった初めましての方々も本当にたくさん。

ポストカードも200枚近くお買い上げいただき、作品も数点お嫁に行くことが決まりました。

たくさんのお花やお心遣い、本当に嬉しく、ありがたく頂戴いたしました。








展示の全体の様子はこのような感じでした。








これまで、デザイナーや商業イラストレーターとしてお仕事をさせていただき、
今までさせていただいたお仕事やクライアント様には
未熟ながらもイラストレーターとして育てていただいたことを大変感謝しております。

今回の個展は、今までのお仕事とは違う表現での作品を並べました。
たくさんの方々に思い思いの感想を伝えていただいて、本当に励みになりました。

会期中は、毎日が本当に幸せでした。
このような幸せな時間を過ごすことができたのは、多くの方達の応援のおかげであります。
制作活動を支えてくれた家族にも感謝。

いただいたお花に毎日お水をあげてくださり、たくさんお世話になった
にじ画廊さんの妖精のようなスタッフのみなさまにも、心よりお礼申し上げます。

本当に、本当に、ありがとうございました。

ポートフォリオサイトの制作もボチボチはじめます。
相変わらず、まったりゆったり更新ではありますが、
見守っていただければ幸いです。

                 
| 1/2PAGES | >>